スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回タイピングサミット感想

0.はじめに(事前準備)
・事前練習と地力
9月上旬には国語R常用ZJ(28.8)が出ていたのだが、そこから3週間ほど練習を放置したところ、サミット数日前にはXX後半(31秒台)/WT2Lv6.5を出すのが精々の実力になってしまっていた。

・TOL対策
サミット前日に30分ほどプレイし、基本的なゲームの遊び方を覚えた。とはいえ攻撃法などは把握していなかったため、初期状態のCPUに一度も勝つことが出来なかった。
流石にこれではまずいと思い、dqmaniacさんのサイトにあるTOLのページを印刷し、サミット会場までの移動中やサミットでの空き時間などに読み込んでデータを頭に入れた。

1.タイピング関係の感想
・野良対戦
主に、団体戦のなかった初日と2日目の午前に野良対戦を行った。
TODでは初日にdqmaniacさんと4・5・6章を打ち0勝3敗、2日目にcocoaさんと1・4・5・6章を打ち0勝4敗、セレナーデ☆游騎さんと6章を打ち0勝1敗、かり〜さんと1・3・5章を打ち3勝0敗。
cocoaさん及びセレナーデ☆游騎さんにはベース速度で惨敗しており勝ち目がなかった。
dqmaniacさんは英文の練習が日本語入力にも効いているのか、そもそもベース速度で上回ることが出来なかった。加えて正確性やワード慣れの部分でも上回られており厳しかった。
かり〜さんは多言語タイピングの関係でQwertyを打ち込んでいるとはいえ、流石にベース速度で上回っていたため勝つことが出来た。とはいえ高々500〜1000点差だったので、単に自分の調子が良かっただけとも考えられる。
WTでは初日にmayoさんに20-5で敗北、天音さんと数戦し大体20-10で勝利、かめおさん(JISかな)と数戦し大体20-15で勝利。
毎試合ごとにSpeed650付近を出せていたため、調子は決して悪くなかったと思う。
Typeracerではウェルさん、かり〜さんと対戦。全25raceでかり〜さんがAvg.100前後、自分がAvg.90前後で惨敗。Race wonでもかり〜さんが圧倒していたはず。
その後ウェルさんとタイピョエル英単語で対戦し、7勝3敗ほどだった。

・TOL関連
TOLでは、チームメイトのレトルネアさん、かり〜さん、たけぽんさんと主に対戦した。
初日はレトルネアさんと2時間ほど対戦し、1度レンvsシエルで負けたのを除いて全勝だった。
初日はまだまだ仕様に対する認識が甘く、レトルネアさんと長時間に渡って練習出来たのは良かった。
またかり〜さんにTOLのルールを簡単に説明し、その後軽く対戦した。
2日目はたけぽんさんにTOLのルールを簡単に説明した。またかり〜さんと午前・午後に対戦し3勝6敗ほど。午前は琥珀vsレンでほとんど勝てなかった。一方午後はアルクェイドvsシエルで2勝1敗。2日目になると、かなり相手の画面を認識して行動出来るようになり、初日よりも明確に上達していた。
3日目はTKさんと対戦し0勝2敗。シエルvs反転秋葉で、尋常でない打鍵速度と攻撃力、及びTKさん自身の判断力によりなす術なく敗北した。
またdqmaniacさんと対戦し0勝3敗。当然ながら対戦ゲームとしてのTOLの理解度が高く、初戦のシエルvsレンでは、レンのSP3技を基調としてこちらの行動を縛る立ち回りをされた。こちらはTKさんとは違い、純粋にTOL経験の差で負けたように感じた。

・WT3団体戦
WT3を用いた20ワード先取の団体戦では、れーるさん、mayoさん、セレナーデ☆游騎さんの3名と対戦した。
WT3団体戦の1回戦時点でワードが日→日→英→オリジナルの順で出てくることが分かったので、自分の出番が来るまで延々英語を練習していた。
その練習が功を奏したのだろう、奇跡的に20ワードを先取することが出来た。
日本語をあらかた取っていたセレナーデ☆游騎さんは19ワードであり、少しでも英語を渡していたら負けていたと思われる。
どのような形であれ、格上相手に勝てたということは本当に嬉しかった。

・TOL団体戦
5時間以上に及ぶ対戦練習と10時間近くのデータ暗記により、相手の画面を確認ながら行動を選択することが出来るようになり、また消費段数によってどの程度の攻撃になるのかが体感的に分かるようになってきていた。
そのようにTOLに習熟したところで団体戦。チームごとに1人づつ対戦し、合計の勝ち数が多い方が勝利となるルール。またそれぞれのチームに、ハンデを設定するためのハンデポイントが14与えられていた。
1回戦はかめおさんと対戦で、パーフェクト勝ちを収めることが出来た。逐一相手の画面を確認し、こちらがダメージを受けないように立ち回ることが出来た。3日間の練習の成果が出たといえる。
決勝戦ではmelanieさんとシエルvsシエルでの対戦。ベース速度でかなり負けており苦戦を予想していたが、中盤まではノーダメージでmelanieさんのゲージを半分まで削ることが出来た。しかし、この余裕が仇となり激しい緊張に襲われた。Altキーかすりによるゲームの一時停止や操作ミスによる無駄な攻撃、手の震えによるミスタイプの増加など、これまでの練習が全く存在しなかったかのような醜態を晒した。
最終的に、お互いの残ゲージ量が同じ状態でタイムアップ。正確率の差で判定負けを喫した。
後で聞いたところによると、自分とmelanieさんの試合にはハンデポイントが6も投入されていたようで、負けてしまったことを強く後悔した。
とはいえ、ベース速度の差をゲームの理解度で無理矢理埋めていた状態であり、それが噛み合わなくなれば勝てないのも当然だろう。来年はリベンジ出来るように、ベース速度を向上させていきたい。
その後は大将戦の決勝戦と3位決定戦を実況。1回戦の大将戦にてつぶやきに近い実況を行っていたところ、大将戦の実況をさせてもらえることになった。実況するのは当然ながら生まれて初めての経験だったが、それなりにやれたように思う。

2.その他の感想
・ボードゲーム
会場内や宿泊部屋でのボードゲーム会には参加しなかったが、その分早起き組とボードゲームをすることが出来た。2日目、3日目ともにブロックスをプレイし、とても楽しい時間を過ごすことが出来た。ただ2日ともかり〜さんにいいようにやられてしまい、サミット中最も悔しい経験となった。

・朝ラン
dqmaniacさん主催の朝ランに参加。当初2日目に走る予定だったが、天候の関係で延期し3日目に。8.6kmを57分で走るペースで個人的にはかなりキツかったが、共に走ったdqmaniacさんとウェルさんは余裕がありそうで、少し申し訳ない気持ちになった。
とはいえランナーズハイを経験したりと長距離を走ることは気持ちが良く、またしっかり体を目覚めさせることが出来たため、来年も機会があるなら走りたいと思う。
その場合はタイピングに加えてランニングも準備しておく必要があるだろうが。

・食事中の会話
食事は3日目の昼食を除いて複数人で食べにいった。多言語タイピングに興味があったため、dqmaniacさんやかり〜さんなどの多言語タイピング経験者と同席していた時は積極的に質問をしていった。
そのこともあり今は少しづつ多言語タイピングを練習しているが、主に配列面で苦戦しているので、この辺りはちゃんと調べて改善したい。

・会場での会話
会場では主にチームメイトの方々と試合結果などを中心に会話した。2日目にはひろりんごさんに最適化理論を教わったりもしたが、会場内では様々な会話が繰り広げられていたはずなので、来年はそういったところにもっと混ざっていきたい。

・チームについて
今回のタイピングサミットでは、参加者がA~Dの4チームに振り分けられており、自分はBチームに所属した。
チーム間でのコミュニケーションがしやすかったため、初参加でもすんなりと場に馴染むことが出来た。これはチーム制導入の利点だと思う。
もちろんチームだからといって強く拘束される訳ではないので、自分の思うように行動することも出来た。

・会場の雰囲気について
今回が初参加でありはっきりとしたことは言えないが、沢山の人がタイピングと向き合い、常にノートPCが埋まっていた。
TOL団体戦の効果もあり、特にTOL対戦をしている方が多かったように思う。
もちろんWT2もよく用いられており、こちらはより純粋にタイピングを楽しみたい方々が遊んでいたのではないか。
会場中央ではボードゲーム組や飲酒組が談笑していたりと、とても自由な雰囲気だと感じた。

3.反省点
・事前準備の不足(地力の不足)
9月上旬時点で常用ZJ前半(28秒台)を出せていたにも関わらず、そこから練習を長期間放置し、結果として常用XX(31秒台)が精々となってしまったのは問題だと感じる。恐らく常用ZI後半(27秒台)/WT2Lv8.0くらいがサミット参加者の平均的実力なので、その辺りまでは地力を伸ばしておくべきだった。地力が十分に高ければ、もう少し積極的に野良対戦もお願い出来ただろう。

・TOD知識の低さ
DC版TODを打ち込んだ上で参加しようと考えていたが、結果的に全く手付かずの状態で参加することになってしまった。エンペラー3段階目やクイズ、スタッフロールの暗記はともかく、各章においてどのような順番で敵やアイテムが現れるかは全章通しプレイなどを行って最低限確認しておくべきだった。
来年はTODスコアアタックなどを通してTOD各章への理解度を高めた上で参加したい。

・実況の下準備
実況については、もちろん当日急遽やることになったわけであり、またこれまで実況経験など皆無だったため、そこまでのクオリティを出せるはずはない。
とはいえ、実況で終始盤面説明を繰り返してしまったことや無言時間を作ってしまったことなど、実況経験の有無以前に改善出来る部分は多々ある。
来年もし機会をいただけるなら、もう少しTOLの知識を蓄えた上で、試合前・試合後の説明や実況慣れなどを含めて、より分かりやすい実況が出来るようにしたい。

・野良対戦の少なさ
野良対戦は8人、チームメイトとのTOL練習を含めても10人と、総参加者の20%としか対戦出来なかった。もちろんゲリラ大会と団体戦を含めると+5人され合計15人となるが、それでもやはり少ないと思う。
次回参加するときは、もう少し積極的に参加者の方々に声を掛け、短い時間でもいいので対戦の機会を持ちたい。

・交流の偏り
チーム制度があったとはいえ、大半の時間をチームメイトの方と過ごしたことは反省すべき点だろう。
このことも野良対戦の機会減少の一因となっているので、来年は様々な方と対戦出来るようにしたい。
夜の食事会に参加しなかったことも交流を広げられなかった一因だと思う。
タイピングの時間を少しでも増やそうとすると、早起きかつ食事会不参加という結論に至るのだが、来年はこれを少し変えてみてもいいかもしれない。特に2日目の食事会についてはむしろ積極的に参加すべきだったように思う。

4.おわりに
・主催及び幹事組への感謝
毎年タイピングサミットを主催されているPocariさん、及び今年の幹事組であるdqmaniacさん、むなしいさん、paraphrohnさん、melanieさん、ウェルさん、き〜やさんの7名には感謝の気持ちが尽きない。
今までTwitterなどを使用することもなく、他のタイパーとの交流がなかった自分にとって、たくさんの人と交流出来たことは本当に良い経験であり、最高の思い出になった。
本当にありがとうございました!

・未参加組へのお誘い
今年はチーム制が導入されるなど、タイピングサミットはどんどん新規参入者に優しい構造になってきていると思う。
興味があるが参加していない方には、ぜひ予定を空けて参加することをお勧めしたい。
たくさんのタイパーと交流出来る、間違いなく唯一の機会なので、特に有名タイパーと交流したい方など、タイピング界に思い入れのある方はぜひ参加すべきだと思う。

・来年に向けて
とりあえずQwertyが最優先となるだろう。参加者の平均的なレベルのことも考えて、来年は最低でも国語R常用ZH/総合ZIの状態まで伸ばした上でサミットに参加したい。
またJISかなも余裕がありそうなら取り組んでいきたい。時間は豊富にあるので、あとはやる気の問題だと思う。
英文や多言語については、指慣らしがてらにのんびりと取り組んでいく。
Qwerty、JISかなの双方でガチ対戦が出来るように、これからの365日を有効に過ごしたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。